ここが注意にホンダの残クレのデメリット

ホンダの残クレのデメリットは他の車会社の残クレもそうなんですが、走行距離が予め決まっていると言う事です。
どう言う意味なのか?と言うと例えば1000kmだったらこの距離分超過したらその分お金を払わないといけませんよーと言ってるのです。

 
さらにカスタマイズを施したらそれを元に戻さなくてはいけないのでその分費用がかかること、さらに事故などを起こした場合その修理費も残クレ内に入ってしまうのです。

 
残クレは決して予め決まった金額だけを払えば良いと言うものではなく、こう言った上の要素などで自分の支払金額が左右されてしまうと言うシステムなのです。

 

・普通のローンより高い上に自分のものではありません。

買い取った場合支払金額が普通のローンより高くなってしまいます。
残価の分も利息に入っているのでそれが原因で普通のローンより高くなる現象が起きやすいのです。
あくまで残クレを支払ってるうちは自分のものではありません。

 

上のような修理費や走行距離にも気をつけなければいけないし、カスタマイズの自由度もありません。 車に限らずDVDなど試しにレンタルしてみたら自分のように取り扱ってしまったって事が多い人にはこの残クレは合うのかな?としたらやはり疑問が残ります。

 

・生半可な知識で利用しないほうがよいです。

また普通のローンの事が詳しく分からないから残クレと言うものがそんなに良いものか分からないと言う方は残念ながら、使用を薦められないかなと思います。

 

なぜならザッと取り上げた分だけでもこんなにややこしい支払いシステムなのに、支払金額の細かい内容をあまり把握できないままで使ったら思ったより悪い言い方をすれば借金が嵩張ったと言う事になりえるからです。

 

確かに月ごとの支払いは安くできますすが、買い取りを選択したら支払い金額が高くなるのなら最初っから普通に購入が良いのです。

 

じゃあその残クレは誰に得かと言うと販売側にあります。様々な条件で高くなりやすいからその分の金額が販売側の利益に回ってくるからです。

 
そして下取り価格も変動します。それは世界情勢で会社の景気や車の価値も変わってくるので販売側も「3年後には下取り価格が高くで売れますよ」と約束は出来ないはずです。

 

 

それでもあなたが残クレを選択した言うのであれば、それは販売会社に普通の支払いより高く支払ってることになるので「ホンダが好きだからその会社を応援したい」と言う気持ちで残クレを使用しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ