ホンダのフィットを残クレで買う場合は計画的に

この見出し文のように疑問を感じている方は多いと思います。

 

他のサイトでは、−残クレホンダフィットの支払いシュミレーション

お支払総額が約2百万円と表示されています。

 

リサイクル法関連費用や自動車税など、様々な費用を払わないといけないようなので、その諸費用分も1割程その約2百万円の中に含まれています。

 

ちなみにその紹介サイトの例ではありませんが手続代行費用には、下取り車手続代行費用やナンバー変更手続代行費用など色んな手続代行内容があります。

 

・最終回の費用を払う難しさ

 

また 残クレ(残価設定ローン)の例によると、ホンダのフィットは金利1.9%と低いです。ここのシミュレーションによると、60回分ボーナス無しで均等で支払いったとして、最終的に払うお金は約43万円になるようです。

 

これはあくまでシミュレーションで考えた際の結果に過ぎませんから、その約43万円が前後する可能性があります。特に事故を起こした場合、その分で増額されます。
残クレは月々の支払い費用を安く抑えられるのが便利なのですが、こう言った上の費用も別途で払わないといけないのが難点の一つです。さらに車検もまた残クレとは別に払わないといけません。

 

 

 
車検を自分でして値段をかなり抑えると言う手がありますが、全部をしようとしたらかなり知識が必要になってきます。また、下取り車手続代行費用やナンバー変更手続代行費用も車検と同じように必要不可欠な費用に近いと言えます。(ちなみに車庫証明費用と言うのもかかるようです。)

 

 

利息無しで一括で現金で車を購入するのに越したことはありませんが、そうもいかない家庭が多いと思います。
車を一家購入できたとして他の生活費用や急な出費に対応できないから残クレすると言う考え方もあると思います。

 

 

しかし残クレを3年か5年プランなどで支払いっても、最終的にホンダのフィットの場合43万円以上払わないといけない可能性を否定できません。

 

・別の買い方をお薦めします。

 

ところでホンダのフィットは2・3月の年度末決算期に買うと安くなるようです。なぜなら3月の決算月までになるべく新車を多く売りたいので値引き対象にされやすいのです。

 

6・7月のボーナス時期も良いでしょう。この時期にローンを組むなどした方が、まだかしこい買い方かなと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ