ホンダの残クレと車検の関係

ホンダ車を残クレで購入したいけど車検はどうなるんだろうと心配されている方がいると思います。

まずカーリースとは違い残クレでは車検代も別途かかります。(他の点検費用も同等です。)

 

そして車検は少なくとも57000円以上かかると言われてます。

 

車検は自動車検査登録制度の略ですが、大体2年程度で車検の時期が来て、車検を受けていない状態で公道は走れません。よって車検は必須となります。

 

つまりその分のお金を2年毎に残クレなら別途で支払わければいけないことになります。

 

 

・ですので残クレするなら、車検を安く抑える方法を取りましょう。

 

また車検は公道などをちゃんと走れる状態か国がチェックするものであり、検査が終わって次の2年間まで安全に走っていいよと言っているわけでありません。(だから使用者はみんな自主的に車を調べているわけです。)

 

しかし、その国の正式な車検は国に丸投げしなければいけないわけではなくて、自分で整備したりそれを安く見積もってくれる業者を探せば良いのです。ちなみにENEOSカードがあればよりお金を安く抑えられるようです。

 

そして自分で国のチェックを通れるくらい車検をするには膨大な知識が必要ですが、出来る所は自分でしてあとの部分を業者に任せるのが最も良い方法です。

 

ちなみに車検の予約をするなら早めが良いです。予約が急だとその分業者も準備に追われてしまいがちですが、3ヶ月くらい前に予約をすればその分準備もスムーズに行き、そう言った利点があるから早期割引ブランを実施している業者が多いのです。

 

 

・残クレより通常でローンを組むべき

 

ユーザーの書き込みを見ると、5年後のことを考えれば残クレより通常でローンを組んだほうが良いと言われています。
残クレはホンダに限らず車検の他に、走行距離や車の状態(傷が付いてないかなど)で払う費用がどんどん膨らんでしまいやすいシステムなのもあって、そう言われているのです。

 

 

安く車検を済ませたいと言っても徹底的に診てもらうのは変わらないから、自分(ユーザー)が車検で手を抜いたから車の状態チェックで、余計に支払うお金が増えた・・って事は流石にないと思いますが、ちょっとでも車に改造を施しているとその分のお金も残クレでは支払わないといけないので、「必要以上にお金がかかってしまった」と言う状態になるのです。(自分で改造前に戻せたら別ですが)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ