ホンダの残クレのメリットは沢山あります。

ホンダの残クレのメリットとしては、ホンダに限ったことでありませんが毎月の支払額を安くで抑えられる所にあります。またボーナス併用払いにすれば、月々3千円〜5千円にできます。通常払いでも今までのローン払いと比べて安く抑えられるのです。

 

車の買い取りが一定の金額で保証されているのでその額で最終回に支払えます。査定してもらって通常より大分買い取り価格が減少されたと言う話を聞いたことがあると思いますが、残クレの場合はそれがありません。

 

また頭金が必要なく、必ずしもその車を最終的に買う必要はありません。(返却も可能です)

 

 

・年率も低いですが計画はゆとりを持って

 

ホンダの残クレの特徴は年率が3.5%です。返済プランを「36回(3年)・48回(4年)・60回(5年)」から選べます。( http://www.honda.co.jp/HFC/auto/zankure/ )

 

さらに フリードやフリードスパイク、ジェイドやN-NPX SLASHなど人気の車は年率1.9%キャンペーンも行っています。(2015/11/22現在)

 

ただしデメリットもやはりあります。

 

ホンダの場合、走行距離の制限条件があり月に1000kmか1500kmと言う設定です。(他社でも似たような感じです。)
その距離分を超過した場合、超過した分だけ払わないといけません。

 

 

自分はそんなに乗らないから大丈夫だよと言う方も、家族を養っている方なら特に考えたほうが良いです。家族の送り迎えで車を使うでしょうし、特に3〜5年経つと状況も変わってくるかもしれません。ですので残クレを組む場合こう言ったことも考えましょう。

 

 

・残クレは特殊です。

 

残クレは返却もできるので次々と新しい車に乗れますが、とは言っても3年5年で普通のレンタカーとは違います。

 

またおさらいですが最初から、下取り価格を差し引いた方金額を分割して払うのが残クレです。下取りは最終的にするものであって、最初に払う月にするものではありません。(そりゃそうですよね)

 

また残クレは、普通に車検代やガソリン代など諸々の生活費用がかかります。カーリースにはそう言った諸々の費用が予め含まれていますが、残クレにはそれがありません。 そして自由な改造もできないと言うデメリットもあります。

 

レンタカーじゃない、カーリースでもない。車検代とかガソリン代とか自分で色々払うリアルなカーライフをするのは良いけど、でも普通に買うのと違って改造もできないし‥、でも月々の費用かなり安く抑えられてて便利だが残クレです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ