ホンダの残クレを使う前に口コミもチェック!

ホンダの残クレの口コミを見るとやはりと言いますが、具体的なデータと共に実感のこもった書き込みが多いです。
まず残クレは値引きにきちんと応対してくれると好評ではあります。

 

そしてその後はユーザーの残クレを使用した際のコツが書かれています。

 
またず、ネット上で値引き金額を聞くよりもディーラーに直接具体的に聞いたほうが良いと言われてます。また普通の新車購入のシミュレーションをしたら金額が想像以上に高く付いてゾっとした、だから残クレを選んだと言う書き込みもあります。

 

 

確かにあっちは金額のプロですから素人の判断よりもよっぽどタメになりやすいし、それに支払い先はその査定をする側です。これは勿論口コミユーザーも充分に自覚しています。

 

 
さらに現在の車の査定価格を買い取り業者に委託したほうがよいと書かれています。それの結果によってはすぐに得る必要があるので代車を貸してくれるかどうかの確認も必要と言っています。 こう言ったアドバイスがあるので口コミはありがたいのです。

 

 
・口コミには難しさも凝縮されています。

 

−ホンダの残クレについて教えて下さい。 – 金利1.9%残価保証(事故、傷なし… – Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11131386716 には
「>買取る場合は車体の傷みや走行距離超過は関係ないですよね?

 
一括で買取なら仰る通りですね。
ただ5年後に98万円が手元にあればの話ですが。

 

 

無い場合、再クレジット。
また金利です。」
と書かれています。
この一文には残クレの支払いの難しさが凝縮されている気がします。

 

 

残クレはホンダのに限らず、契約した走行距離を超えたらその分の金額を支払わなければいけない事。(超過分の金額も一律ではありません)

 

 

車へ傷が付いたらその修理分もかかるからそれに気をつけてることが、その引用文には凝縮されています。

 
さらに無事その問題をクリアしたとしても、その分のお金が手元になかったらまた、金利がお金がかさむクレジットを選択しなければならないとここには書かれています。

 

 

普通の所得層の人間は住居など大きな買物をする時は、大抵分割で支払わないといけません。

 

 

100万円ならそれを10分割した分だけを払えばいいと言う簡単な問題ではなくて、さらに金利と言う支払い金額が高くなる要素も考えないといけません。

 

 

残クレならさらに独特の支払い上乗せルールや、また手元金額も考えないといけないと結構ややこしいのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ