実際にホンダの残クレを計算してみよう!

残クレはディーラーに正式に見積もってもらうのが手っ取り早いのですが、サイト上でシミュレーションして大まかな金額を先に知ると言うのは手間がかからずに便利です。(それにディーラーに契約を勧められることもありませんしね。)

 

ホンダの場合ここなら残クレの計算が出来ます。
https://hfc-web.honda.co.jp/public/simu/calc/FHGS0030.do?p2=3.9

 

まず車種「アコード ハイブリッド」を選択した場合、最初はタイプEXまたLXから選びます。

 

そして次のように計算結果が出ました。

 

『タイプ EX
仕様 2.0L DOHC i-VTEC+i-MMD / FF / e-CVT / 4ドア / 5名 (なおこの仕様しかありません。)
メーカー希望小売価格 4,011,428 円
所要資金 4,011,428 円
お支払い回数 36 回
実質年率 3.9 %
ご返済方法 均等払い
初回お支払い年月 2016年 1月

通常月お支払い額 76,400円 × 34回
最終回お支払い額 1,671,429円』

 

毎月これほど金額を支払うのにこの最終回お支払い額は1,671,429円高めかなーと言うのが正直な感想です。

 

 

・とにかく冷静な気持ちで判断しましょう。

 

そしてお支払い回数を36回つまり3年間の内に1,671,429円貯めるとしたら、毎月約4万6千428円分お金を確保しないといけないことになりますが結構きついと思います。(それプラス毎月の約7万6千円の支払いですしね。)

 

と、このように冷静な判断でシミュレーションすることが出来ます。

 

勿論その計算をした後じゃあ、どうやってお金を稼ごうかと考えたり節約しようか?とも考えたりも出来ますし、そうするのも楽しいと捉えられるかもしれません。

 

反対にそう言うにきちんと具体的にお金を稼ぐ&節約計画が出来てから、商談に申し込んだ方が良いかもしれません。

 

ちなみに事故を起こした時は損害金を払ってから中途解約されることもあります。その為自動車保険をお薦めしているユーザーもいます。ところで残クレより金利の少ない消費者金融でローンを組んでもそうは変わらないようです。

 

ですのでどうしてもローンを組んで購入したいのなら、やはり消費者金融系よりホンダ自らがやっている残クレの方が安心できると思われます。残クレの煩わしさとかで、消費者金融でお金を借りて一括払いで購入したくもなるかもしれません。しかしどうか冷静な判断力で車購入を決めてください。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ